HIV感染の検査はいつから?

HIVに感染すると体内ではまずHIVが増え、通常3〜4週間後にHIVに対する抗体が作られます。
通常のHIV検査では、血液の中にHIV抗体があるかどうかを調べます。
感染の可能性のある機会から1ヶ月以上経っていれば感染している場合には検査で陽性となる可能性が高いと言えます。

1ヶ月以上経ってからの検査で陰性であれば、感染の可能性はかなり低いです。
2ヶ月以上経ってからの検査で陰性であれば、感染の可能性はほとんどないでしょう。
3ヶ月以上経っての検査で陰性の場合には感染していないと確定できます。
ただし、安全をみて感染していないことを確定するためには、3ヶ月以降の検査、または再検査をお勧めします。

また陽性の場合でも、必ず確認検査で本当の陽性か偽陽性かを調べる必要があります。
なぜ確認検査をするのかと言うと、HIV抗体検査(スクリーニング検査)で、HIVに感染していないのにもかかわらず、たまたまHIV抗原と反応する抗体を持っていて検査結果が偽陽性(にせの陽性)となる人が通常1000人に2〜3人位いるのです。

※検査キットについては
HIV検査キット比較一覧表へ、どうぞ。
【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター1セット(本体+説明DVD/VHS+携帯バッグ)失禁症の解消、出産後の膣のゆるみ、性機能を改善できる女性専用トレーニングマシンです。【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター
19,800円
自分の膣がどれくらいゆるんでいるのか気になりませんか?
ケーゲルマスターなら客観的にどれだけの膣圧があるか確認することができ、訓練で更にレベルアップできます。

アメリカの泌尿器科医が患者に最も多く推奨している製品です。

U.S.A直輸入 浮気チェックキット【通販市場】 U.S.A直輸入 浮気チェックキット
9,700円
恋人同士、夫婦のパートナー、浮気していませんか?
最近なんかあやしい、いつもと行動が違う‥これってもしかして浮気?不倫?

毎日不安なのは、もういや!!証拠がつかめれば‥
そう思っているあなたに、5分でチェックが可能!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。