B型肝炎の病原体と感染経路

■B型肝炎
B型肝炎ウイルスは1964年にブランバーグ氏(ノーベル賞受賞)によって発見されました。彼はオーストラリア原住民の血液中にこのウイルスを発見し、当時は「オーストラリア抗原」と呼ばれました。
2005年には「B型肝炎の感染者は全世界で20億人以上に上る」と言われており、これは全世界で3人に1人が感染していることになります。
B型肝炎はアジアタイプと欧米Aタイプがあり、日本におけるB型肝炎患者のウイルスは、感染しても慢性化しにくいアジアタイプが殆どでした。
しかし最近になって、欧米に多いAタイプのB型肝炎ウイルスに感染して慢性肝炎になる人が増え、問題になっています。
欧米Aタイプに感染すると肝がんなどにつながる慢性化率が高いので、それに対応した治療をしないと、将来B型肝炎ウイルスによる肝がんが増えてくる恐れがあります。

病原体
B型肝炎ウイルス(hepatitis B virus:HBV)
核酸は、他の肝炎ウイルスと違いDNAである。
直径42nmの球形粒子でDane粒子ともよばれ、外層と直径27nmのcore粒子からなる。
感染力の非常に強いウイルスです。
HBVは肝細胞に感染し肝細胞の成分を利用して増殖しますが、ウイルス自体には肝細胞障害作用はありません。
ウイルスが肝細胞に感染しているのを察知した免疫機能が、ウイルスを排除しようとリンパ球や抗体で攻撃します。やがてウイルスは破壊されますが、同時に肝細胞も障害され、壊死に陥ることで炎症を起こすのです。
GOT、GPTの値の上昇は、肝臓の炎症の程度を表しています。

B型肝炎の感染経路
血液、精液、唾液、頚管粘液、膣分泌液、母乳などを介して感染します。最近では汗、糞便、尿中にもHBV-DNAが検出されました。
母子感染、家族内感染、医療事故(針刺し事故)、麻薬覚醒剤の回し打ちによる感染、性行為感染、輸血、血液製剤による感染など。
日常生活では血のついたもの、歯ブラシやかみそりの共用は避けた方が良いでしょう。
以前は輸血による感染が多かったのですが、現在では抗原・抗体検査、NAT検査によりB型肝炎ウイルスの有無を厳重にチェックしていますので、輸血による感染はほぼ心配要りません。

B型肝炎の症状と治療
この記事へのトラックバック
【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター1セット(本体+説明DVD/VHS+携帯バッグ)失禁症の解消、出産後の膣のゆるみ、性機能を改善できる女性専用トレーニングマシンです。【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター
19,800円
自分の膣がどれくらいゆるんでいるのか気になりませんか?
ケーゲルマスターなら客観的にどれだけの膣圧があるか確認することができ、訓練で更にレベルアップできます。

アメリカの泌尿器科医が患者に最も多く推奨している製品です。

U.S.A直輸入 浮気チェックキット【通販市場】 U.S.A直輸入 浮気チェックキット
9,700円
恋人同士、夫婦のパートナー、浮気していませんか?
最近なんかあやしい、いつもと行動が違う‥これってもしかして浮気?不倫?

毎日不安なのは、もういや!!証拠がつかめれば‥
そう思っているあなたに、5分でチェックが可能!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。