性器ヘルペスの検査方法

■検査方法
検査方法はいくつかありますが、検査結果だけでなく病状と合わせて性器ヘルペスと診断されるようです。

1)病原診断
病変部の擦過細胞から直接ウイルスをとり、分離培養した後ヘルペスウイルス(HSV)であると確定します。
保険で認められている方法で、性器ヘルペスに対して最もよい診断方法です。
しかし時間と費用がかかり、病変がはっきりしない場合は精度が落ちるなどの問題があります。

2)蛍光抗体法(FA法)による抗原の証明
ウイルス抗原と特異抗体を反応させ、蛍光色素により検出。
特異抗体に直接蛍光物質を標識して検出する直接法と、二次抗体に蛍光物質を標識する間接法があり、最終的に酵素反応によって生成した色素の吸光度を測定して濃度を求めます。
最近、病変部から採取した検体中にEIA法(免疫酵素抗体法)で抗原を検出する方法が開発され、好成績をあげています。この方法は分離培養による病原診断にやや劣るものの、感度が高く特異性に優れています。

3)血清診断(血液検査)
血中にヘルペスウイルス(HSV)に対する血清抗体が形成されているか、血清抗体が上昇しているかによって診断する方法です。
しかし初感染の場合血清抗体は、感染初期には抗体が形成されず陰性で、回復期になってから上昇します。そのため症状の強い急性期には診断できません。
一方、再発の例では、症状のあるときに比べて治ったときの抗体価が上昇することは少なく、こちらも診断が難しくなります。

4)DNA診断
PCR法(ポリメラーゼ連鎖反応法)により、ヘルペスウイルス(HSV)の遺伝子を10万倍以上に増幅して確認します。ヘルペス脳炎,新生児ヘルペス感染症などの早期治療により救命率を上げることが期待されています。

よく似た病変を形成する疾患に細菌性の外陰潰瘍とベーチェット病があります。
細菌性外陰潰瘍は単発の潰瘍を形成することが多く、ヘルペスのように両側の陰唇に病変を形成することはまれです。
ベーチェット病も細菌性外陰潰瘍に準じますが、この疾患は細菌感染と免疫系の異常があります。外陰潰瘍のほかにも口腔粘膜の再発性潰瘍、眼症状(目のかすみや視力低下など)、皮膚症状(結節性紅斑、血栓性静脈炎など)、関節症状(痛み)などを伴うことが多いものです。
鑑別は比較的容易でしょう。

性器ヘルペスの検査方法
妊娠中の性器ヘルペスの感染
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11267598
【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター1セット(本体+説明DVD/VHS+携帯バッグ)失禁症の解消、出産後の膣のゆるみ、性機能を改善できる女性専用トレーニングマシンです。【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター
19,800円
自分の膣がどれくらいゆるんでいるのか気になりませんか?
ケーゲルマスターなら客観的にどれだけの膣圧があるか確認することができ、訓練で更にレベルアップできます。

アメリカの泌尿器科医が患者に最も多く推奨している製品です。

U.S.A直輸入 浮気チェックキット【通販市場】 U.S.A直輸入 浮気チェックキット
9,700円
恋人同士、夫婦のパートナー、浮気していませんか?
最近なんかあやしい、いつもと行動が違う‥これってもしかして浮気?不倫?

毎日不安なのは、もういや!!証拠がつかめれば‥
そう思っているあなたに、5分でチェックが可能!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。