梅毒の検査と治療

検査
髄液検査もしくは血液検査による抗体反応(血清反応)で調べます。
感染後3週目以降で梅毒検査が陽性となりますので、感染したと思われる性交渉から約1ヶ月以上たってから検査を受けた方が良いでしょう。
最近は発症まで20日以内と短縮傾向にあるとの報告もあります。
症状が出ている場合には、ほどんど陽性(+)にでますが、症状のない場合には、感染の機会があってから6週間くらい過ぎていないと判定できません。
もし危ないと思ったら、1ヶ月おきに3回ぐらい検査する必要があるでしょう。
梅毒検査キットでは、感染機会があってから約4週以降に検査をして下さい。

治療
もし陽性反応がでたら、ペニシリンを主とした抗生剤によって治療をします。基本的には内服ですが、病院によっては注射にすることもあります。

【第1〜2期梅毒の治療】
1)ベンジルペニシリンベンザチン(商品名:バイシリン)120万単位、3回に分けて服用。
2)ペニシリン系抗生剤アモキシシリン(商品名:パセトシン)1,000〜1,500rを3〜4回に分けて服用。

もしペニシリンにアレルギーがある場合は、
3)マクロライド系抗生剤エリスロマイシン2,000rを4回に分けて服用。
あるいは
4)塩酸ミノサイクリン(商品名:ミノマイシン)200rを2回に分けて服用。

投与期間は、第1期梅毒では2週間、感染から1年以内の第2期梅毒や無症候性梅毒では4週間を、1クールとします。
治療上の最も重要なポイントは、梅毒血清反応(STS)検査の抗体価が低下し、最終的に陰性化あるいは安定化することです。
完全に治癒したかどうかの確認のために、半年〜1年ぐらい定期検診が必要になることもあります。

梅毒の病原体と感染経路
梅毒の症状
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11252093
【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター1セット(本体+説明DVD/VHS+携帯バッグ)失禁症の解消、出産後の膣のゆるみ、性機能を改善できる女性専用トレーニングマシンです。【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター
19,800円
自分の膣がどれくらいゆるんでいるのか気になりませんか?
ケーゲルマスターなら客観的にどれだけの膣圧があるか確認することができ、訓練で更にレベルアップできます。

アメリカの泌尿器科医が患者に最も多く推奨している製品です。

U.S.A直輸入 浮気チェックキット【通販市場】 U.S.A直輸入 浮気チェックキット
9,700円
恋人同士、夫婦のパートナー、浮気していませんか?
最近なんかあやしい、いつもと行動が違う‥これってもしかして浮気?不倫?

毎日不安なのは、もういや!!証拠がつかめれば‥
そう思っているあなたに、5分でチェックが可能!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。