梅毒の症状

■梅毒の症状
潜伏期間は3週間です。
感染後、3週、3ヶ月、3年ごとに症状が進行します。
それぞれに時期に現れる症状は下記のとおりです。

第1期:感染後3週間〜3ヶ月まで
感染部(外陰部)に扁平で軟骨くらいの堅さの局所疹ができます。これを初期硬結といいます。
やがてこれが潰瘍化して硬性下疳(=硬性潰瘍)となります。
男性では亀頭をはじめ、冠状溝、包皮内板、陰茎皮膚、陰嚢にできます。
女性では性器や外陰部(膣入口、膣壁、子宮頸部)にできます。
初期硬結・硬性下疳と前後して、梅毒性リンパ節炎がおこります。感染部のリンパ節が大きく腫れ、並んで触れるようになりますが痛みはありません。

第2期:感染後3カ月〜3年まで
全身倦怠感、食欲不振、発熱などがあらわれます。
代表的な症状は、バラ疹・梅毒性アンギーナ・扁平コンジロームです。
バラ疹は、全身性の小型の紅斑。
梅毒性アンギーナは、のどの白い浸軟や扁桃腺の腫れ。
扁平コンジロームは、ジュクジュクした扁平に隆起した丘疹で陰部にできます。
また、感染後2年以内に梅毒性髄膜炎を発症します。
最初は症状がなく無自覚ですが、やがて髄膜刺激症状(ケルニッヒ徴候・頚部硬直)や脳圧亢進症状(頭痛、嘔吐、乳頭浮腫、水頭症)などを生じます。
顔面神経や聴神経に麻痺をおこすことがあります。


第3期:感染後3年〜10年まで
現在では第3期以降の梅毒をみることは極めてまれになりました。
感染後3〜4年で、皮膚や粘膜に大型の結節やゴムのような硬さの肉芽腫=ゴム腫を生じます。これは自ら壊死して瘢痕を残し治癒します。
いわゆる「鼻が落ちる」と言われる段階です。
筋肉や骨のほか、脳硬膜、肝臓、脾臓、睾丸にも病変があらわれます。
脳硬膜にゴム腫ができると脳実質を圧迫するため、脳腫瘍のような症状になります。

第4期:未治療で10年以上
脳や脊髄の障害を生ずる変性梅毒となり、進行性麻痺、脊髄ロウ、大動脈中膜炎や大動脈瘤を生じます。
スピロヘータが大脳皮質をおかすことにより、性格変化と精神機能の低下がおこります。
進行性麻痺、麻痺性痴呆ともいわれます。
アーガイル・ロバートソン徴候(対光反射の消失・縮瞳・輻輳反射の保持)、言語障害、口周囲や動作時の振戦、深部腱反射の亢進などがみられます。
運動失調、膀胱直腸障害、下肢の痛みと失調性歩行、ウェストファール徴候が現れます。
末期には、痴呆、てんかん発作、失禁をおこします。

梅毒の検査と治療はこちら
梅毒の病原体と感染経路はこちら
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11252086
【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター1セット(本体+説明DVD/VHS+携帯バッグ)失禁症の解消、出産後の膣のゆるみ、性機能を改善できる女性専用トレーニングマシンです。【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター
19,800円
自分の膣がどれくらいゆるんでいるのか気になりませんか?
ケーゲルマスターなら客観的にどれだけの膣圧があるか確認することができ、訓練で更にレベルアップできます。

アメリカの泌尿器科医が患者に最も多く推奨している製品です。

U.S.A直輸入 浮気チェックキット【通販市場】 U.S.A直輸入 浮気チェックキット
9,700円
恋人同士、夫婦のパートナー、浮気していませんか?
最近なんかあやしい、いつもと行動が違う‥これってもしかして浮気?不倫?

毎日不安なのは、もういや!!証拠がつかめれば‥
そう思っているあなたに、5分でチェックが可能!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。