アメリカ(米国)で梅毒罹患増加

米国(アメリカ)で梅毒罹患率が4年間連続増加淋病罹患率は過去最低。

米国で、初期梅毒の罹患率が2000年以来4年連続で増加し続けていることがわかりました。
2003年に10万人中2,5人だった第1期・第2期梅毒の罹患率は、2004年には8%増の同2.7人、患者数にして7177人から7980人に増加しました。
一方、2004年の淋病罹患率は10万人中113.5人と、過去最低を記録。米国疾病対策センター(CDC)が11月7日に公表しました。

初期梅毒罹患率の増加は、主に男性の罹患率が増えたことによるもの。
米国疾病対策センター(CDC)によると、2004年の男性の罹患率は10万人中4.7人と、2003年に比べ11.9%、2000年からは81%も増加しています。
米国疾病対策センター(CDC)の別のデータによると、成人初期梅毒罹患者の約64%が、同性愛者であるようです。

一方、黒人や女性の初期梅毒罹患率は、ほぼ減少傾向を辿っています。
2004年における黒人の罹患率は、10万人中9人と、前年からはやや上昇したものの、1999年からは37%減少しました。
また、2004年における女性の罹患率は10万人中0.9人と、1999年から55%減少してきています。

米国疾病対策センター(CDC)では、エイズウイルス(HIV)を含む性的感染症(STD)にかかった直接的医療費の総額は、年間約130億ドルに上ると試算しています。

梅毒の病原体と感染経路
この記事へのトラックバック
【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター1セット(本体+説明DVD/VHS+携帯バッグ)失禁症の解消、出産後の膣のゆるみ、性機能を改善できる女性専用トレーニングマシンです。【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター
19,800円
自分の膣がどれくらいゆるんでいるのか気になりませんか?
ケーゲルマスターなら客観的にどれだけの膣圧があるか確認することができ、訓練で更にレベルアップできます。

アメリカの泌尿器科医が患者に最も多く推奨している製品です。

U.S.A直輸入 浮気チェックキット【通販市場】 U.S.A直輸入 浮気チェックキット
9,700円
恋人同士、夫婦のパートナー、浮気していませんか?
最近なんかあやしい、いつもと行動が違う‥これってもしかして浮気?不倫?

毎日不安なのは、もういや!!証拠がつかめれば‥
そう思っているあなたに、5分でチェックが可能!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。