妊娠時の検査で淋病感染が判明!

妊娠時の検査で淋病に感染していることがわかり驚くことがあります。
妊娠初期に感染すると流産や骨盤内炎症性疾患(PID)の原因になり、妊娠中期・後期に感染すると、絨毛羊膜炎による自然破水で早産の原因になることがあります。
出産までにきちんと治療すれば、帝王切開せず経膣分娩ができますので、安心して下さい。

○産道感染
妊婦が淋菌性子宮頸管炎なったまま治療しないで出産すると、赤ちゃんに産道感染(母子感染)をおこします。
分娩時の母子感染による新生児淋菌感染症として有名なのは、淋菌性結膜炎(膿漏眼)です。
生後2〜4日以内に発症(長いときは3週間)します。
初発症状は両眼性の充血と眼脂で、次いで著明な眼瞼腫脹、多量な膿性眼脂がでます。治療しないで放っておくと、角膜潰瘍や穿孔の危険性もあります。
また膿性眼脂は二次感染の原因になるので取り扱いに注意する必要があります。

治療は抗生物質の投与(重症例の場合には点眼薬のみならず全身投与)を可能な限り早期に行います。クラミジア感染症を合併している場合もあるので注意を要します。

淋病の症状
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10269099
【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター1セット(本体+説明DVD/VHS+携帯バッグ)失禁症の解消、出産後の膣のゆるみ、性機能を改善できる女性専用トレーニングマシンです。【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター
19,800円
自分の膣がどれくらいゆるんでいるのか気になりませんか?
ケーゲルマスターなら客観的にどれだけの膣圧があるか確認することができ、訓練で更にレベルアップできます。

アメリカの泌尿器科医が患者に最も多く推奨している製品です。

U.S.A直輸入 浮気チェックキット【通販市場】 U.S.A直輸入 浮気チェックキット
9,700円
恋人同士、夫婦のパートナー、浮気していませんか?
最近なんかあやしい、いつもと行動が違う‥これってもしかして浮気?不倫?

毎日不安なのは、もういや!!証拠がつかめれば‥
そう思っているあなたに、5分でチェックが可能!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。