トリコモナス感染症の治療方法

トリコモナス感染症は性行為で容易に感染するので、お互いに感染を繰り返し、いつまでも完治しないという状態が続いてしまいます。これをピンポン感染といいます。
そのため、パートナーと共に同時期、同期間の治療が必要です。
その際、女性に比べて男性はトリコモナス検出が困難なので、検査結果が陰性となることがあります。
トリコモナスに感染した場合、パートナーは無症状でも必ず治療を行います。
また、卵巣からのエストロゲンの供給が十分で膣粘膜のグリコーゲンが豊富な性成熟期の女性では治療開始後、すぐに乳酸桿菌が優位となり治癒に向かいます。
しかし、卵巣機能の低下した中高年女性では細菌性膣炎の治療を必要とする場合があります。

治療方法
治療期間は、約10日〜2週間です。
膣トリコモナスは、粘膜のみに寄生し、粘膜下組織にまで侵入することはありません。
しかし、膣だけでなく周囲臓器にも寄生するため、治療薬の全身投与が基本となります。
女性は内服薬と、膣炎症状を早く軽くするためにも膣坐薬を併用します。初回に膣洗浄をすることもあります。
男性は内服薬のみの治療となります。

【経口治療:内服薬】
メトロニダゾール(フラジールなど)500rを1日2回、7〜10日間。
あるいは塩酸クリンダマイシン(ダラシン) 300rを1日2回、7〜10日間。

【局所治療:膣坐薬】
メトロニダゾール(膣坐薬)250rを1日1回、10〜14日間。

※メトロニダゾール服用後3日間はアルコールの分解が阻害されますので、飲酒は絶対にしないで下さい。腹部の仙痛、嘔吐、悪酔い、時にアルコール中毒症状を引き起こすことがあります。

妊婦の治療
妊娠中のトリコモナス感染して治療せずにいると、妊娠中期から末期にかけては、膣炎が影響して早期に破水を起こして早産に至る場合があります。
妊娠時は胎盤を通過し胎児へ移行して胎児奇形を起こす可能性があるため、経口投与(内服)は行われないのが一般的です。
膣坐薬のみで治療します。
トリコモナス自身が胎児へ感染して奇形を起こす心配はありません。

トリコモナス感染症の症状はこちら
この記事へのトラックバック
【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター1セット(本体+説明DVD/VHS+携帯バッグ)失禁症の解消、出産後の膣のゆるみ、性機能を改善できる女性専用トレーニングマシンです。【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター
19,800円
自分の膣がどれくらいゆるんでいるのか気になりませんか?
ケーゲルマスターなら客観的にどれだけの膣圧があるか確認することができ、訓練で更にレベルアップできます。

アメリカの泌尿器科医が患者に最も多く推奨している製品です。

U.S.A直輸入 浮気チェックキット【通販市場】 U.S.A直輸入 浮気チェックキット
9,700円
恋人同士、夫婦のパートナー、浮気していませんか?
最近なんかあやしい、いつもと行動が違う‥これってもしかして浮気?不倫?

毎日不安なのは、もういや!!証拠がつかめれば‥
そう思っているあなたに、5分でチェックが可能!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。