淋病の感染経路と予防

淋菌感染症(Gonorrhea infection)
○病原体
淋菌(Neisseria gonorrhoeae)
グラム陰性の双球菌。肺炎球菌と同様に、柿の種が向かい合って並んだような形をしています。

淋病はSTD(性感染症)に認定されています。
世界中の多くの国々では、コンドーム使用キャンペーンの普及や性感染症/エイズ予防意識の向上により、予防や治療対策が徹底してきており、殆どの先進国では、淋菌感染例が最近急激に減って来ています。
この淋菌感染症流行の動向が、その国の性感染症/エイズ予防意識がどの程度か示す、一番よい指標とさえ考えられています。
ところが、日本では驚くことに1993年代ごろから、特に男性の淋菌性尿道炎が増加の一途をたどっています。

最近、エイズはもう性感染症としてあまり心配しなくていいというような社会的風潮がひろがったため、性感染症に対する警戒心や予防意識がかなり低くなっていることが原因でしょう。
この淋菌感染症の増加現象は、きわめて感染の可能性の高い風俗街でも、コンドームをつけない、無防備の性交渉をする人が増え続けている風潮を反映している現象なのです。
最も管理しやすい淋菌感染症でさえ増加し続けている事実は、近い将来、日本でエイズが大流行をおこす可能性を示していると、外国の感染症学研究者に盛んにいわれています。
また、性器クラミジア感染症と同時感染(淋病患者中20〜30%)している場合も多いです。

淋病の感染経路
感染は粘膜からの浸出物により起こり、ほとんどが性行為です。アナルセックスにより肛門・直腸に、オーラルセックスにより口腔・咽頭の粘膜に感染します。
女性は無症状で気づきにくいため、多数の男性と接する風俗従事者の女性が感染源となって、男性感染者を増やしていると考えられます。
淋菌の抵抗性は極めて弱いので、便座、タオル、コップなどの接触で感染することは殆どないと言われています。

淋病の予防
感染を予防するには、コンドームの使用をすることです。
淋病は、不顕性感染(感染して菌を保有しているにもかかわらず全く症状が出ない)の頻度がかなり高いため、「全然症状がないから大丈夫」と考えてコンドームを使用しないという判断は非常に危険です。
また風俗店で「風俗嬢は定期的に検査をしているから大丈夫、素人より安心」「オレだけは大丈夫」などと思っていても、あなたの前の客が淋病感染者であれば、あなたに感染する可能性があります。
イソジンでうがいしたり、行為後すぐに排尿すれば菌が洗い流されるので感染しないという噂もありますが、しないよりましでしょうが、絶対に感染しないとはいえません。
ですから風俗店に行くときは、感染予防に、オーラル(フェラチオ)用コンドームを持参するとよいでしょう。

語源
淋は「淋しい」という意味ではなく、雨の林の中で木々の葉からポタポタと雨がしたたり落ちるイメージを表現したもの。
淋菌性尿道炎は尿道の強い炎症のために、尿道内腔が狭くなり痛みと同時に尿の勢いが低下します。その時の排尿がポタポタとしか出ないので、この表現が病名として使用されたものと思われます。

淋病の症状
この記事へのトラックバック
【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター1セット(本体+説明DVD/VHS+携帯バッグ)失禁症の解消、出産後の膣のゆるみ、性機能を改善できる女性専用トレーニングマシンです。【膣筋力トレーニング器具】ケーゲルマスター
19,800円
自分の膣がどれくらいゆるんでいるのか気になりませんか?
ケーゲルマスターなら客観的にどれだけの膣圧があるか確認することができ、訓練で更にレベルアップできます。

アメリカの泌尿器科医が患者に最も多く推奨している製品です。

U.S.A直輸入 浮気チェックキット【通販市場】 U.S.A直輸入 浮気チェックキット
9,700円
恋人同士、夫婦のパートナー、浮気していませんか?
最近なんかあやしい、いつもと行動が違う‥これってもしかして浮気?不倫?

毎日不安なのは、もういや!!証拠がつかめれば‥
そう思っているあなたに、5分でチェックが可能!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。